Header logo01

Environment 環境

水資源

水リスク評価

環境水資源

水リスク評価

 近年、人口増加や地球温暖化などの影響により、水不足や局地的豪雨の増加など、事業に大きな影響を与える要因として「水リスク」への関心が世界的に高まっています。
 明電グループでは、節水や排水基準の遵守などへの取組みのため、水リスクに関する評価を実施しています。世界自然保護基金が無償で提供している水リスク評価ツール「Water Risk Filter」を用い、生産拠点(8か国、13拠点)を対象とした評価では、多くの生産拠点のリスクは低いものの、インドと中国の一部拠点は比較的リスクが高い地域に立地しており、特に、水量および水質の確保にかかわるリスクが高いことがわかりました。これら拠点では生産に多量の水を使うことはなく当面は大きな懸念はないと考えますが、評価結果を踏まえ、拠点毎に最適な対策を実施していきます。

生産拠点が所在する地域の水リスク評価結果

>生産拠点が所在する地域の水リスク評価結果
広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ

水使用量の削減

水使用量の削減

配管地上化

配管地上化

 工場敷地内にある井水や上水の埋設配管は、老朽化が進むと水漏れの恐れがあります。計画的に配管を更新するとともに、保守点検を容易にできるよう配管の地上化も進めています。

水使用量の推移(国内)

水使用量の推移(国内)

※水使用量は、水道水、工業用水、地下水の合計です。

排出先別排水量の推移(国内)

排出先別排水量の推移(国内)

※2014・2015年度は合計値のみです。

広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ

水資源の保全に向けて ー事業を通じた取組みー

取組み
水資源の保全に向けて -事業を通じた取組み-

水資源の保全にかかわる様々な課題の解決に貢献

 明電グループは、日本全国の上下水道の構築と発展に携わってきた実績をもとに、総合水処理メーカとして水処理プラントの設計・製造・施工だけではなく、運営・維持管理までをトータルでサポートしています。中核事業の一つである水インフラシステム事業を通じて、水資源の保全にかかわる様々な課題の解決に貢献していきます。

水処理関連の製品・サービスについて詳しくはこちらのページもご覧ください。

水インフラシステム 製品・サービスページ

TOPICS
シーメンス社PACT® MBRシステム向けセラミック平膜を初受注

 明電舎は、2018年10月にシーメンス社から、中国の石油化学工場向けの排水処理用セラミック平膜を受注しました。これは、2016年12月にシーメンス社の新技術であるPACT® MBR(Powdered Activated Carbon Treatment Membrane Bioreactor)システムに当社製のセラミック平膜が採用されることが決まって以来、初めての製品受注となります。
 PACT® MBRシステムに採用されたセラミック平膜とは、汚水や排水の浄化に活用されるセラミック製のろ過フィルターです。PACT® MBRシステムは、活性炭、生物処理、膜ろ過を組み合わせた非常にコンパクトな新しい排水処理システムで、セラミック平膜が採用された理由は、従来のMBRシステムで利用されてきた有機膜などに比べ、長寿命で耐摩耗性があるためです。
 シーメンス社のPACT®技術は、40年間の歴史と100か所以上の納入実績があり、MBRと組み合わせた新技術に採用されたことは、何よりもセラミック平膜の特長と信頼性が高く評価された証と言えます。
 今回セラミック平膜を納めるPACT® MBRシステムは、中国の石油化学メーカーである天津渤化化工発展有限公司に納入され、製造工程排水の処理に活用されます。
 セラミック平膜を活用した水処理事業は、国連の掲げる世界共通目標であるSDGs(持続可能な開発目標)において、Goal6「安全な水とトイレを世界に」やGoal14「海の豊かさを守ろう」などの課題を解決することに貢献します。明電舎は、今後も社会に貢献するものづくりを追求し、持続可能な価値創造を実現するとともに、SDGsを含めた社会的課題の解決へ取り組んでまいります。

※PACTはシーメンス社の登録商標又は商標。

広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ