Header logo01

Environmental 環境

戦略的環境経営の推進

戦略的環境経営の推進

環境戦略的環境経営の推進

方針

 明電グループは、「環境基本理念」の下に、従業員一人ひとりが本業を通して地球環境保全や豊かな社会づくりに貢献する『環境経営』を推進していきます。

広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ

環境基本理念

環境基本理念

 明電グループは「人のため、社会のため、そしてこの地球をより住みやすくするため環境に貢献する」ことを基本理念とし、持続可能な社会の実現に向けて、気候変動の緩和及び気候変動への適応、資源の循環、生物多様性の保全を課題として、環境経営に取り組み、企業の発展を目指します。

広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ

環境行動指針

環境行動指針

1.環境に貢献できる新製品・新技術の開発を推進し、広く世界に提供する事で積極的に社会へ貢献します。
2.部材の調達から廃棄に至るまでの全ライフサイクルにおいて、環境への影響を評価し、環境配慮型製品の開発・設計に努めます。
3.国内外の事業活動に伴う環境負荷を低減し、温室効果ガス排出削減、3R推進、有害物質の排出削減に努めます。
4.環境関連法令及びその他の要求事項を順守すると共に自主基準を設定し、汚染予防、環境保護に努めます。
5.環境経営の体制を確立し、計画(P)、実施・運用(D)、点検・レビュー(C)、改善(A)を回して継続的改善に取り組み、環境パフォーマンスの向上を図ります。
6.環境教育を通じて、全従業員の環境経営への理解を深め、活動の活性化を図ります。
7.社内外のステークホルダーとのコミュニケーションを通じて、活動の状況や成果を情報共有し、協調して持続可能な社会の実現に取り組みます。

2018年7月1日 改訂4版
(株) 明電舎 取締役社長

広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ

環境ビジョン

環境ビジョン

 明電グループでは、環境経営を推進する中期的な道標として、あるべき姿、取組みの方向性を示すために「環境ビジョン」を定めています。事業活動における環境負荷を低減するとともに、これまで培ってきた社会インフラを支えるエネルギー、水処理分野での事業や製品・技術及びサービスを通して、「持続可能な社会づくりへの貢献」を果たしていきます。
 環境ビジョンでは、21世紀を生きる企業に課せられた命題は、「地球温暖化の防止」、「循環型社会の形成」、「生物多様性の保全」と捉え、事業活動で成すべきことや製品の目指すべき姿を目標として定めています。これら目標達成を支える根底に「環境に根ざす企業風土」を据えて、環境経営に取り組んでいます。

環境ビジョンのイメージ

環境ビジョンのイメージ
広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ

環境ビジョンの示す目標

環境ビジョンの示す目標

A.「地球温暖化の防止」に向けて

再生可能エネルギー発電など、エネルギー事業分野で製品やシステムを販売し、CO₂排出削減に貢献します。
製品の環境配慮設計に取り組み、製品ライフサイクルにおけるCO₂排出削減に取り組みます。
生産活動におけるCO₂排出削減に取り組みます。

B.「循環型社会の形成」に向けて

製品ライフサイクルにおいて、廃棄物の「リデュース」、資源の「リユース」、「リサイクル」を推進します。
生産活動における廃棄物ゼロエミッションに取り組みます。

C.「生物多様性の保全」に向けて

水処理システムを通して、水資源の確保に貢献します。
化学物質のリスク管理を行い、リスクの大きい有害化学物質は重点的に削減や代替に取り組みます。

D.「環境に根ざす企業風土」を醸成して

❶環境コミュニケーションの推進 : 自らの活動、成果の内容を積極的に開示し、ステークホルダーと双方向コミュニケーションの促進を目指します。
❷環境マインドの育成 : 地球環境保全に向けた、研究開発・ものづくりを推進する環境リテラシーの向上、及び自ら積極的に地域・社会貢献活動に取り組む人財育成を目指します。
広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ

継続的な活動の推進

継続的な活動の推進

 環境ビジョンの実現に向けて、明電グループ「中期経営計画2020」(2018~2020年度)の中で行動計画を策定しています。環境ビジョンで示す目標、すなわち「A.地球温暖化の防止」「B.循環型社会の形成」「C.生物多様性の保全」「D.環境に根ざす企業風土」は、「中期経営計画2020」では5つの戦略目標ごとに方策を設定し、行動計画に展開して継続的な改善に取り組んでいます。

広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ

行動計画への展開

行動計画への展開

行動計画への展開
広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ

2018年度環境目標と実績

実績データ
2018年度環境目標と実績

2018年度の目標の達成状況は以下の通りです。 目標の達成状況に応じて対策を検討し、今後の計画につなげています。各項目の詳細につきましては、対応するページをご覧ください。

2018年度環境目標の達成状況(国内)
戦略目標 方策 2018年度環境目標(国内) 2018年度実績 評価
製品・サービスによる環境貢献 環境配慮設計の推進 環境貢献事業によるCO2削減貢献量:80万トン 84.1万トン
グリーン製品(当社基準)適合品の比率向上 グリーン製品21件 ×
事業活動における環境負荷の低減 温室効果ガスの排出削減 排出(SCOPE1+2)総量削減:-1%(2017年度比) -18%(2017年度比)
化学物質の適正管理 VOC放出量:80トン以下 96トン ×
3Rの推進 廃棄物総量削減:-1%(2017年度比) +4%(2017年度比) ×
ゼロエミッション(※1):9拠点(※2) 全9拠点で達成
水資源の保全 水関連データの測定・分析:主要4事業所(※3) 流量計の増設ほか
生物多様性の保全 生態系(植生など)の調査:主要4事業所(※3) 各拠点で実施
環境マネジメントの推進 バリューチェーンのマネジメント強化 グリーン調達率(当社基準):80%以上 85%

※1 明電グループのゼロエミッション定義:廃棄物等(産業廃棄物、一般廃棄物、有価物)の総発生量(建設 汚泥除く)のうち、非リサイクル率を1.0%未満にすること

※2 ゼロエミッション対象:国内生産拠点(沼津事業所、太田事業所、名古屋事業所、(株)甲府明電舎、明電 ケミカル(株)[相模事業所]、北斗電工(株)[厚木工場])、エンジニアリング部門/工事部門

※3 主要4事業所:沼津事業所、太田事業所、名古屋事業所、(株)甲府明電舎

広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ

「中期経営計画2020」2019年度環境目標

目標

 明電グループでは、2018年度から3カ年の「中期経営計画2020」を定め、目標達成に向けた行動計画を策定し、環境経営に取り組んでいます。

「中期経営計画2020」2019年度環境目標

2019年度環境目標は以下の通りです。

2019年度 環境目標
戦略目標 方策 2019年度環境目標(国内)
製品・サービスによる環境貢献 環境配慮設計の推進 環境貢献事業によるCO2削減貢献量:80万トン
新製品のライフサイクル排出量削減(特定分野)
事業活動における環境負荷の低減 温室効果ガスの排出削減 排出(SCOPE1+2)総量削減:-2%(2017年度比)
化学物質の適正管理 VOC放出量:80トン以下
3Rの推進 廃棄物総量削減:-1%(2017年度比)
ゼロエミッション(※1):9拠点(※2)
水資源の保全 水関連データの測定・分析:主要4事業所(※3)
生物多様性の保全 生態系保全:主要4事業所(※3)
環境マネジメントの推進 バリューチェーンのマネジメント強化 グリーン調達率(当社基準):85%以上

※1 明電グループのゼロエミッション定義:廃棄物等(産業廃棄物、一般廃棄物、有価物)の総発生量(建設 汚泥除く)のうち、非リサイクル率を1.0%未満にすること

※2 ゼロエミッション対象:国内生産拠点(沼津事業所、太田事業所、名古屋事業所、(株)甲府明電舎、明電 ケミカル(株)[相模事業所]、北斗電工(株)[厚木工場])、エンジニアリング部門/工事部門

※3 主要4事業所:沼津事業所、太田事業所、名古屋事業所、(株)甲府明電舎

広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ