Header logo01

Social 社会

コミュニティ

コミュニティ

社会コミュニティ

広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ

現地雇用・調達に関する方針

方針
現地雇用・調達に関する方針

 明電グループは、事業を展開する国や地域において、双方向で活発なコミュニケーションを通じて課題を認識するとともに、コミュニティとの良好な関係を構築しています。
 また、これらの国や地域の持続可能な発展に貢献するためには、明電グループが現地雇用や現地調達において果たす役割の重要性も認識しています。
 明電グループは様々な取組みを通じ、事業活動を行う国や地域社会の経済発展に貢献できるよう努めています。

広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ

社会貢献活動の方針

社会貢献活動の方針

明電グループ社会貢献活動方針

1. 本業である電気・機械製品の製造販売業を軸として、社会の持続可能な発展に貢献します。
2. 企業活動をご支援いただいている地域社会に感謝し、地域の発展に寄与する社会貢献を実施します。
3. グループの役員・従業員が主体的に取り組む社会貢献活動を支援します。

 「明電グループ社会貢献活動方針」に基づいた社会への貢献を通じて、日頃お世話になっている地域の皆様をはじめステークホルダーの皆様と良好なコミュニケーションを図れるよう努めています。
 1918年(大正7年)に創業者 重宗芳水(しげむねほうすい)の妻で二代目社長の重宗たけが、私財を投じて工場のあった大崎(東京都品川区)に芳水小学校を設立しました。この志を受け継ぎ、私たちは、これからも地域・社会の皆様と積極的な交流を通じて、さまざまな社会貢献活動に取り組んでいきます。

広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ

地域社会を支援する方針

地域社会を支援する方針

地域社会の発展に寄与する社会貢献活動の実施

 明電グループは、様々な国・地域で事業活動を行う上で、事業地域周辺からの従業員雇用や良好な関係の構築によって支えられており、明電グループ社会貢献活動方針の②「企業活動をご支援いただいている地域社会に感謝し、地域の発展に寄与する社会貢献を実施します」に基づき、インターンシップ(就業体験)の受け入れ・教育支援・寄付活動・環境活動等を行っています。 日本では、インターンシップ(就業体験)の受け入れを、毎年、大学生・高専生向けに積極的に行っており、キャリア形成の支援や仕事・社会への理解を深めてもらう機会を提供しています。明電グループは、これからも様々な社会貢献活動を継続し、地域社会の発展に貢献していきます。


実績データ
社会貢献支出額
  2016年度 2017年度 2018年度
社会貢献支出額(円) 32,200,000 28,000,000 38,000,000

※社会貢献支出額は、寄付金・協賛金を含みます。

広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ

地域経済への貢献

取組み
地域経済への貢献

群馬県東部地域の上水道における包括事業を開始

 自治体が抱える水道職員の高齢化に伴う人員不足や技術継承、危機管理対応等のさまざまな課題を解決すべく、明電グループは電気設備の設計・製造だけでなく、保守サービスや施設運転管理業務まで含めたワンストップサービスを展開しています。2017年4月には、明電舎を代表企業とした民間企業グループと群馬東部水道企業団で共同出資し、(株)群馬東部水道サービスを設立し、群馬東部地域3市5町の水道事業の運営及び拡張工事等包括事業を開始しました。これにより、民間企業の技術・ノウハウを生かした効率的な事業運営や職員の技術継承、公益性の確保が可能になる他、新たな雇用の創出や維持管理コストの削減などが実現されました。

広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ

コミュニティ投資

コミュニティ投資

地域社会や政府の取組みを補強する ~タイの学校へ施設を寄附~

 タイ王国では、2017年度に明電舎創業120周年とタイ明電舎設立50周年を記念し、タイ北部の山岳少数民族が住む地域の2校へ施設を寄附しました。その一つ、ガラヤニワッターナ中高等学校には、図書室と水貯蔵タンクなどを寄附しました。山々に囲まれている地域のため、通学には時間がかかり、多くの生徒が寮生活をしています。生活に必要な水を溜める貯蔵タンク、多くの知識を学べる図書室を寄附することにより、当社は「子どもの権利とビジネス原則」を支持し、その理念に則り、子どもたちの教育環境を向上させ、子どもたちが安心かつ、質の高い教育を受けられる機会の提供に貢献することができました。施設を寄附した2校へはタイ明電舎従業員が継続的に訪問し、生徒と一緒にアクティビティを通しての学習や先生方、地域の方々とのつながりを持ち続けています。

タイの学校へ施設を寄附

 

タイの学校へ施設を寄附

 

タイの学校へ施設を寄附

 

タイの学校へ施設を寄附

 

広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ

社会貢献活動(2018年度の取組み事例)

社会貢献活動(2018年度の取組み事例)

「明電舎ものづくり教室」の開催 ~子どもたちにものづくりの楽しさを伝えています~

明電舎ものづくり教室

 

 創業110周年を迎えた2007年度から、芳水小学校をはじめ各事業所のある地域の小学校で「明電舎ものづくり教室」を開催しています。「ものづくり教室」は、モータを活用したおもちゃを自分で組み立て動かすことで、ものづくりの楽しさを体感してもらうものです。2018年度は、創業者・重宗芳水の母校である岩国市立岩国小学校で「ものづくり教室」を初めて開催しました。

日本とタイの小学生による「文化交流プロジェクト」を支援

 創業者・重宗芳水の遺志で設立され、開校100周年を迎えた品川区立芳水小学校と、明電舎創業120周年記念事業として2017年に校舎を寄贈したタイ北部トゥンヤオ村にあるメチェム小学校の子どもたちの文化交流を支援しました。
 「他国の文化を学ぶ出張授業」の開催や、ベルマークを活用した用具の贈呈、両校によるビデオレターや絵画の交換などを通じ、将来を担う子どもたちに外国文化に触れることの大切さを感じてもらいました。

事業所周辺の中学校を対象とした職場訪問受け入れや理科出張授業

 各事業所では、子どもたちのキャリア教育の一環として積極的に地元中学生の職場訪問の受け入れを行い、企業の取組み紹介や施設見学、従業員との質疑応答などを行っています。
 また、2017年度から事業所周辺の中学2年生を対象に、電気の大切さを体験的に学ぶ出張授業「電気はどうやって私たちのところに届くの?」を開催しています。

タイとインドの大学で寄附講座を開催

 120周年記念事業として開始した明電グループ主催による海外の大学への寄附講座をタイ及びインドで実施しています。タイ・モンクット王工科大学ラカバン校とインド・N.B.K.R.Institute of Science & Technology(工科大学)の学生を対象に、将来のエンジニア育成を目的とした独自の教育カリキュラムを展開しています。

全国各地での環境美化活動

 明電グループでは、地域との共生を図ることを目的に全国各地の拠点において、ごみ拾いや草刈りなどの環境美化活動に日常的に取り組んでいます。長年の継続した取組みが各地域で評価されており、美化活動を通じた従業員の社会貢献意識の向上や一体感醸成にも寄与しています。

広報・IR部 広報課, 株式会社ディ・エフ・エフ